あなたはどっち?勤務医派?それとも開業医派?

勤務医なら気楽に働ける?

誰かが運営する病院にスタッフとして雇用されるのが勤務医です。
勤務医の最大のメリットは、病院の経営を考える必要がないことです。スタッフを雇ったり、経理の業務をしたりするのは勤務医の担当ではありません。あくまでも勤務医は治療専門スタッフなので、基本的には目先の治療行為に専念しやすい環境です。判断が難しい病気を持った患者が来た場合、同僚と相談して治療にあたれるのもメリットのひとつです。
経営判断に関われない悪影響としては、上層部が決めた医療方針に従わなければいけない場合があります。
勤務医が必要なほどの規模の病院であれば、患者数が多いのが通例です。そのため比較的安定した職場環境であることは大きなメリットです。

一国一城の主として開業医になる?

自分で病院を開設して医療にあたるのが開業医です。
自分の好みに合わせて病院を運営できる反面、医師であると同時に経営者でもあるので治療とは別の苦労もあります。まず直面しやすい苦労は開業費用です。医療器具をそろえるだけでもそれなりの資金が必要ですし、土地や建物の用意もかなりの資金が必要です。また、スタッフの募集と育成も課題のひとつです。
診察時間や長期休暇などは比較的自由になるメリットがあります。また、患者が多いほど利益が上がりますから、自分のがんばりを実感しやすい環境であるともいえます。基本的には治療方針を自分で判断しなければいけないため、ある程度経験を持った医師に向いています。スタッフを充実させれば、自分は経営に専念することも可能です。